送料330円 送料330円

ヴィタメール

1910年ベルギーの首都ブリュッセルで「ヴィタメール」創業。日本歴で明治43年、ロンドンで日英博覧会が開かれた年でありました。
チョコレート王国といわれ、数多くのショコラトリーが技を競うベルギー。その中にあってもなお、ヴィタメールのショコラは特別な存在感があります。味に対する厳しいこだわりはいつしか評判を呼び、ベルギー王室御用達の老舗へと成長。王室の特別なおもてなしには、必ずヴィタメールのチョコレートやお菓子が使われるようになっています。
日本の王室とも馴染みの深いベルギーの王室の紋章がヴィタメールに使われているのにはそのようなわけがあるのです。
吟味した素材を確かな技術で最高の品質のお菓子に仕上げること。そして徹底した手作りのこだわりこそヴィタメールの神髄です。

Story1/2

ベルギー王室御用達という名誉。
味・色・艶・香り、
どれをとっても珠玉のショコラ。

1910年、ベルギーの首都ブリュッセルで創業。
「選び抜かれた最高の素材で仕上げたおいしさを目の届く範囲だけに届けたい」。
創業者アンリ・ヴィタメールは、本当においしいものを一番良い状態で味わってもらいたいという強い信念を貫き、創業以来ブリュッセルのグラン・サブロン広場にある1店だけで、ショコラやパティスリーを作り続けてきました。
チョコレート王国といわれ、数多くのショコラトリーが技を競うベルキーの中でも、特別な存在感を放つヴィタメールのショコラ。
味に対する厳しいまでのこだわりはいつしか評判を呼び、ベルギー王室御用達の老舗へと成長していきました。王室の特別のおもてなしにもヴィタメールのチョコレートやお菓子が使われるようになっています。
ヴィタメールのフーシャピンクで彩られた本店2階のカフェは、フィリップ国王もお気に入り。光と風が心地良いテラス席があり、アンティークの市が催される美しい場所として賑わうグラン・サブロン広場を見下ろしながら、作りたてのデザートを楽しむことができます。

伝統はヨーロッパから日本へ。
海外初の出店、ヴィタメールジャポン。

ヴィタメールの技術がヨーロッパを渡ったのは、1990年。
2代目社長アンリ・ギュスターヴ・ヴィタメールは、日本との2号店出店の契約を結びます。自身も味には絶対の自信をもつ職人ギュスターヴと、志を同じにする日本人菓子職人の出会いでした。
「味へのこだわり」を追求するお菓子への熱い思いに共鳴、信頼を寄せ、世界で初めて2号店として認められた店舗として、ヴィタメールジャポンは誕生しました。
初出店以来その伝統を受け継ぎ、ベルギー王室御用達の味を伝えています。

Story2/2

ショコラを愛するすべての人へ。
徹底した味へのこだわり。

創業者アンリ・ヴィタメールがこだわり続けたことは、「素材」「道具」「職人による手づくり」。
厳選した素材を確かな技術と最高の品質でお届けすること。徹底した手づくりのこだわりこそが、ヴィタメールの真髄です。
伝統を守りながらも甘んじず、チョコレートの新しい使い方や新メニューの研究・開発に心魂を注ぎ、新しい伝統を生み出しています。
アトリエでは、五感のすべてに美味しさをゆき渡らせる、新鮮なパンや丁寧に仕上げられた甘美なケーキ、アイスクリーム。マカロンとチョコレートの専門店となっているショコラブティックでは、思わず手に取りたくなるようなキラリと輝くチョコレートたちが並び、長きに渡りブリュッセルの人々に愛され続けています。

ヴィタメールジャポン創業の
1990年から続く、本店での研修。

ヴィタメールジャポンのシェフは、ベルギーで徹底的に研修を重ねます。
本国での実地研修の目的は、お菓子づくりの技術だけでなく、伝統やヨーロッパの文化を肌で感じ、素材の選び方からその哲学まで学ぶこと。
そうして吸収した技術や伝統を大切にしながら、お菓子作りを行っています。
日本でもベルギーでも、国を越えて職人が思い浮かべるのは、お召し上がりになるお客様の顔。
厳しいながらも愛をもって接してくださる本店のスタッフたちと、職人同士心を通わせて学び合う姿勢だからこそ、確かな技術・最高の品質が伝承されています。

本国の思いはそのままに、
日本オリジナルレシピも展開。

ヴィタメールジャポンでは、本国の伝統的なモールドや味わいのラインナップに加え、日本のお客様にもより愛されるような、日本限定のオリジナルチョコレートも展開しています。
四季を彩る素材や、イベントを演出するギフト。
日本ならではの季節感・贈り物の礼儀や気持ちにフィットする商品をお届けしています。
四季豊かな日本と日本人のもつ味覚に合わせたオリジナルレシピも、ベルギー本店の信頼を得て、本国の思いはそのままに作られた商品ばかりです。
日本とベルギー。離れた国同士ですが、新しいチャレンジをお互いに応援し合う気持ちが根底でつながっています。
伝統を守りながら、新しい挑戦を続けること。いつまでも色あせない職人の情熱は、これからもまだまだ受け継がれていきます。

マカダミア・ショコラ

サクサクのサブレとチョコレートが織りなす、甘美なハーモニー。

サクサクの食感に焼き上げたサブレに、マカダミアナッツ、アーモンドをのせ、チョコレートでコーティング。ミルクとダーク、2種類の味をお楽しみいただけます。

◆マカダミア・ショコラ(ミルク)
サクサクの食感に焼き上げたサブレに、マカダミアナッツ、アーモンドをのせ、ミルクチョコレートでコーティングしました。
お口の中でほろりと崩れるサブレと、まろやかなミルクチョコレートの魔法のハーモニー。

◆マカダミア・ショコラ(ダーク)
サクサクのサブレに、マカダミアナッツ、アーモンドをのせ、カカオのほろ苦さと風味をいかし、マイルドビターにブレンドしたチョコレートでコーティングしました。
ココア生地のサブレとチョコレートが織りなす、カカオの深い味わい。

サブレ・ショコラ

軽やかな食感と、気品ある味わい。

軽やかな食感に焼き上げたサブレでチョコレートをサンド。まろやかなミルクチョコレートと香ばしいヘーゼルナッツの美味しさをサクサクのサブレで挟んでとじ込め、気品ある味わいに仕上げました。
おしゃれで上品なパッケージと幅広いサイズ展開で、プチギフトから大人数での団らんの場まで、様々なシーンでお楽しみいただけます。

◆ノワゼット
ヘーゼルナッツ生地のサブレで、イタリア・ピエモンテ州産ヘーゼルナッツのペーストを混ぜ合わせたチョコレートをサンドした香ばしい味わいです。

◆ミルク
ベルギー産クーベルチュールをココア生地のサブレでサンド。チョコレートのまろやかさとカカオの深みが楽しめます。

ブランドの歴史とこだわりを読む