フード&スイーツ

美濃吉
江戸享保年間、秋田佐竹の流れをくむ佐竹十郎兵衛が、美濃の国大垣から京へ移り、三条大橋のたもとの一角に腰掛茶屋を開いたのが「美濃吉」の始まりといわれています。
その後、代々当主は「美濃屋吉兵衛」を名乗り、川魚生洲料理屋として形を整え、江戸時代後期には京都所司代から認可を受けた川魚生洲八軒のうちの一軒として川魚を主体とする料理屋を営むようになりました。
京野菜など京都産の食材をはじめ、旬の素材がもつ味わいを存分に引き出す「美濃吉」の料理。伝統を守りながらも、新しい味に挑み続けています。