フード&スイーツ

四五六菜館
四五六菜館は、上海料理の祖として名をはせる藍長圓の子で一番弟子でもあった孫永斌が1961年に市場通りで開店しました。
店名の【四五六】は中国で縁起の良い並びの数字という謂れから名付けられ、サイコロのロゴマークで親しまれています。
現在では、横浜中華街に4店舗を構え、上海料理の特徴である煮込み料理をはじめ、さっぱりとした海鮮料理や、数々の賞を受賞した自家製点心など、創業以来の伝統の味を守りつつ、進化し続けています。