ようこそ お客さま

ご利用ガイド

価格帯から選ぶ

夏に贈るギフトのマナー

夏に一年の半期の区切りの意味と日頃お世話になっている方への感謝の気持ちを込めて
「お中元」として贈り物をするのが習慣になっています。

贈る時期と表書き

お中元を贈る時期は関東と関西以西の旧盆の地域で異なり、関東では6月下旬~7月15日頃まで、関西以西の旧盆の地域などでは月遅れの7月上旬~8月15日頃までに贈られるようです。
7月15日以降、関東地方では立秋までは「暑中見舞」、立秋を過ぎ9月上旬までは「残暑見舞」が一般的です。
(地域によって多少ズレがあるようです。)

喪中のときにも贈れるの?

当方・先方のいずれが喪中であっても贈って差し支えありません。ただし、四十九日を過ぎていない場合や先方が気落ちしているようなら、時期をずらして「暑中見舞」「残暑見舞」として贈るのもよいでしょう。

掛け紙について

お中元、暑中見舞い、残暑見舞いのいずれの場合も掛け紙は、紅白 5本の花結び(蝶結び)の熨斗紙を使います。