小田急のホワイトデー 2024

福砂屋

福砂屋について

「変わらぬ、伝統の味」
創業1624年、寛永元年に生まれた老舗。
以来、永きにわたりカステラの製法を家伝継承し、今日に至っております。
福砂屋のカステラは、底に残る双目(ざらめ)糖のシャリっとした食感と、しっとりとした生地を口に入れた際に感じるやさしい甘さを堪能することができます。それは職人が卵を割るところから焼き上げるまでを1人でおこなう「手わざ」の古法ならではの味わいです。
福砂屋はカステラづくりの心として「手わざ・時をつなぐ・心をつなぐ」を胸に、カステラづくりの古法を守り、常に創業の心への原点回帰と創意工夫を支えにしております。時をつなぎ、心と心をつなぐ、真心をこめた本物の味わいをお届けします。