小田急のホワイトデー 2024

森八

森八について

寛永2年(1625)に加賀藩御用菓子司として加賀金沢の地に「森下屋」を創業。その後加賀藩藩主前田利常公の命を受け、日本三名菓「長生殿」を誕生させました。明治2年(1869)には屋号を「森八」と改称し、「千歳」をはじめ数々名菓を生み出し加賀金沢の茶の湯の隆盛を支えてまいりました。時代は明治、大正、昭和を経て令和となりましたが、今もなお加賀藩御用菓子司としての誇りと使命を抱きつつ、400年の歴史を未来へ語り継いでまります。