小田急のホワイトデー 2024

両口屋是清

両口屋是清について

茶どころ・名古屋の御菓子所である両口屋是清は、伝統にまごころ込めて今日も皆様に喜んでいただける品をお届けしています。

両口屋是清(りょうぐちやこれきよ)は寛永十一年(1634年)、名古屋に創業した、尾張藩御用の御菓子所です。棹菓子、焼菓子や干菓子など手軽に和菓子を楽しんでいただけるよう努めてきました。 特に両口屋是清で炊いている自慢の餡子は多くの方から支持されています。 長年愛され続ける銘菓「をちこち」「千なり」「旅まくら」「志なの路」「よも山」「二人静」などに加え、パッケージや食べやすさにこだわった「ささらがた」など、時代に合わせた商品を生み出しています。 老舗の暖簾を守る伝統の技と誇りを受け継いで、季節を楽しむ多彩な和菓子を真心こめて作っています。

銘菓詰合について

両口屋是清の一番人気『銘菓詰合』は、よも山・旅まくら・志なの路の三種類の焼菓子が詰まった一品。 北海道産小豆をふんだんに使用した、口あたりの良い滑らかなこし餡を包んだ焼菓子ですが、その味わいは玉子皮の種類や大きさによって異なります。 「よも山」は玉子風味の皮に餡がぎゅっとつまった、皮とこし餡の調和のとれた焼菓子。四季折々の風情を焼き印で表し、表面を丁寧に砂糖(すり蜜)で仕上げています。「旅まくら」はやわらかな生地にこし餡を包み、ごまを散らして軽く焼き上げた、ごまの風味が香ばしい焼菓子です。「志なの路」は卵の風味を生かした生地に、こし餡をつつんだ上品な甘さの小型の焼菓子。表面に施した砂糖引きが、雪を頂く信州路の山々の風情を表しています。  人気の高い三つの和菓子の詰め合わせは、永く愛される両口屋是清の看板商品です。

二人静について

「二人静(ににんしずか)」は徳島県産の和三盆糖を使用した可憐な花を想わせる、紅白一対の干菓子。ひとつ、またひとつとつまみたくなる優しい口どけが魅力です。 俳人・中村汀女 氏は”忘れざり花にも二人静あり”と句を詠むほど、このお菓子を気に入っていました。 縁起もよく、紅白一対の可愛らしい姿は、お祝いのシーンでの贈り物として人気です。 また、古風な大和絵の小箱は外国の方へのお土産にもおすすめです。

ささらがたについて

「ささらがた」は小豆の美味しさを様々な製法で表現した、パッケージと食べやすさにこだわった棹菓子です。手のひらサイズで、見た目にも美しく、切る手間のかからない手軽さはてみやげにもぴったり。 大納言小豆のふくよかな香り広がる「大納言」、香り豊かな西尾産抹茶の風味を活かした「抹茶」、さわやかな香り広がる「柚子」、黒砂糖のまろやかなこくが広がる「黒糖」、貴重な白小豆の粒をふんだんに使用した「紅つぶ」の五つの味わいは、和菓子職人が手作業で仕上げた珠玉のひとくちです。 また、「ささらがた」は季節や歳時記に合わせた限定の味わいやパッケージも魅力の一つ。一年間で販売される中でも最も人気の「夏ささらがた」は思わず「可愛い!」と言ってしまう、味も見た目も楽しめる一品です。果肉の食感がたまらないトロピカルな「鳳梨(パイナップル)」、種も皮も食べられる、職人の技が光る「すいか」、爽やかなレモンピールがアクセントの「れもん」、やさしい甘さの可愛らしい「白桃」。夏ならではの寒天を使用した、冷やしても美味しくいただける錦玉羹は、果物の果肉やピューレ・果汁を使用して、餡子が苦手な方でも食べやすく仕上げています。

ブランドの歴史とこだわりを読む