クロノスイス

CHRONOSWISS

クロノスイスは、スイス時計業界がクォーツショックにより大打撃を受けていた1983年にスイス機械式時計の伝統的な技術を継承するために
時計師ゲルト・R・ラングがミュンヘンに工房を設立したのが始まりです。
1987年には手巻き式腕時計「Régulateur」を発表。レギュレーター式ダイヤルの腕時計としては初の量産モデルとなった同モデルは、
縁にコインエッジベゼル、オニオン型リューズ、ネジ留め式ベルトラグなど、一目でChronoswissと分かるスタイルの起源ともなる時計でした。
その後も、「Régulateur Automatique」、「Grand Régulateur」、1995年には世界初のスケルトン ダイヤルを搭載した自動巻きクロノグラフ
「Opus」シリーズやムーンフェイズ表示付き自動巻きクロノグラフ「Lunar Chronograph」などが世界中の時計ファンの人気を集めます。

2000年のレギュレーター式ダイヤルと片持ち式トゥールビヨンを備えた、初のワンミニッツ トゥールビヨン「Régulateur à Tourbillon」を
皮切りに、世界で初めてレギュレーター式ダイヤルを搭載した自動巻きクロノグラフ腕時計「Chronoscope」、
腕時計に初めてクオーター リピーターを搭載した「Répétition à quarts」といった傑作時計を次々と発表すると同時に、
2009年には自社で開発、製造したムーブメントを発表しマニュファクチュールとしての第一歩を踏み出します。

2012年にはエブシュタイン夫妻が、創業者のゲルト・R・ラングよりクロノスイスの経営を引き継ぎ“第2世代”として順調なスタートを切りました。
現在本社はミュンヘンからスイスのルツェルンに移転。今日ではほとんど忘れ去れてしまった伝統的な時計作りを再生するため、ルツェルンにエナメル焼成装置およびギョーシェ彫刻機を設備したアトリエを設立。
熟練した職人が手間と時間をかけて作り出すクロノスイスの腕時計は、年間3000個にとどまっています。

ALL ITMES