新春 しぼりたて特集

冬の究極の愉しみ「しぼりたて」

通常の日本酒は出荷前に二度火入れ処理(熱湯に浸すこと)をしてから出荷されますが、その火入れを一度もしないものを「しぼりたて」と呼んでいます。

その名のごとく、できたてで若いままのフレッシュで爽快な味わいが楽しめるため、数ある日本酒のシーズンの中でも”冬の究極の愉しみ”と言われています。

フレッシュでライトな日本酒がお好きな方は、しぼりたての新酒の味わいをぜひお試しください。