“お香典返し” とは?

そもそも「香典」とは、線香や抹香の代わりに故人の霊前に供えるお金のこと。通夜や葬儀の場で遺族に手渡します。そのお香典のお礼となるのが香典返し。「故人の葬儀に関する仏事が滞りなく終わりました」という報告とお礼の意味があります。

いつ贈る?

忌明け後にあいさつ状と一緒に贈るのが一般的です。仏式では四十九日、または繰り上げて三十五日とすることも。神式では五十日祭か三十日祭の際に贈ります。「忌明け」という観念のないキリスト教の場合は、1 ヶ月後の命日を目安にするといいでしょう。

予算の目安

一般的には、いただいた香典の3分の1〜半額程度の品をお返しします。一人一人に選ぶとなると大変ですから、5,000 円までの香典には2,000 円の品というように、いただいた金額に合わせて数パターンのお返しを用意しておくと便利です。

贈る時の注意点

喪主を差出人名にしたあいさつ状を添えて贈ります。喪主以外の遺族が本人の関係者に贈る場合などは、礼状を別送するかひとこと書き添えて。誰から届いたものなのか分かるようにしておくと、相手の方にも親切です。

品物選びのポイント

香典返しの品には、日用品を選ぶのが無難とされています。また、お茶やコーヒー、石けんなどの使い切れるものを選ぶのもポイント。香典返しの代表的な品物にはそれぞれ由来があり、仏式では仏の世界へ白装束で旅立つとされていることから、タオルやシーツなどもよく贈られます。最近ではカタログギフトも人気があり、予算によって選べるのでとても便利です。

お香典返しに関するご相談ダイヤル
閉じる