結婚祝いのギフトとは?

ご祝儀とは別に、お祝いの気持ちを贈るのが結婚祝い。また、結婚式に出席できなかった場合などに、「おめでとう」の気持ちを込めて贈ります。親しい間柄であれば、欲しい物を直接聞いてもOK。その際はこちらの予算を伝えるのを忘れずに。

いつ贈る?

招待状を受け取った後に贈りましょう。結婚を知らなかった場合は、披露宴の後でも大丈夫です。また、披露宴や二次会など、当日に渡すと先方の邪魔になってしまいます。事前に直接手渡すか、配送するよう心掛けて。お祝いのメッセージも添えて贈りましょう。式の後に贈る場合は、新婚旅行など先方のスケジュールを確認しておくといいでしょう。

予算の目安

決まりはありませんが、会社の同僚なら5 千円〜1 万円程度、親しい友人なら1 万円〜2 万円程度が目安です。会社や友人同士で集まって、少し高級なギフトを贈るのも喜ばれます。

ギフト選びのポイント

新生活をはじめる二人だから贈りたい、キッチン用品

新生活のスタートは、何かと買いそろえる品が多いもの。そこで、そんな二人を手助けするプレゼントを贈ってみては。お皿やカップ、スプーンなどの食器類や、鍋やフライパンなどのキッチン用品なら数があっても困りません。とはいえ二人の新居に置く物なので、あらかじめ欲しい物を聞いておくのが賢明。自分の好みで選ばずに、新居のスペースや好みを考慮して。

贈ってはいけないNG ギフトは?

「縁を切る」を連想させる包丁やハサミ、「割れる・こわれる」をイメージさせる鏡や食器は一般的に不適切だとされていますが、人によっては高級な食器やいい包丁を揃えたいと思う場合も。最近はギフトとしても人気が高いので、相手が気にしないようであれば贈っても問題ありません。また、品数が2 で割り切れないよう、奇数にするのもポイント。ペアやダースなどは1組として考えられるため、贈っても大丈夫です。あまり神経質になり過ぎず、相手が喜んでくれるものを贈るのがベストです。

グループで贈る「贅沢品」ギフト

会社の同僚や親しい友人同士で集まれば、ギフトの予算を上げることができます。一人ではなかなか贈れないような贅沢品や、品数を増やすなどギフトの選択肢も広がります。

閉じる