築地伊藤海苔店

築地伊藤海苔店
海苔屋が惚れた有明海苔をご自宅でどうぞ!
バイヤー

オンラインショッピングバイヤーより

築地場外にお店を構える築地伊藤海苔店さん。路地の角にあるお店はいつも活気に満ちあふれています。四代目の伊藤信吾さんはお会いする度に海苔について熱く語ってくださり、私も知られざる海苔の魅力にすっかりはまってしまった一人です。こちらの「ぶっかけ漁師めし」は大好きで(まだオンラインショッピングで取り扱っていないのですが)、ぜひオンラインショッピング共々築地のお店にも足を運んでいただきたいと思っています。おすすめです!

オンラインショッピングバイヤーの現地レポート【千葉県・市川市】

繊細な有明海苔を、職人が一枚一枚焼いています。

伊藤海苔店が自信を持ってすすめるのは、歯切れの良さと強い甘みが特長の有明海苔。有明海苔は繊細で割れやすいため、伊藤海苔店では店主自ら一枚一枚丁寧に焼いています。手間はかかりますが、海苔の状態を見ながら細かな焼き加減を調整することができるのだそうです。

こうして出来上がった「有明ごのみ」は、有明海苔の甘みを味わうのにぴったり。「味つけのりですか?」と聞かれることもあるほどしっかりと味のついた焼き海苔に仕上がります。

「海苔そのものを味わっていただきたいので、まずはそのまま食べてみてください」と、四代目の伊藤信吾さんからアドバイスが。その場で一枚いただきましたが、その甘みに驚きました。

若い人も贈りたくなる&もらって嬉しいパッケージ

四代目・伊藤信吾さんのこだわりの一つが「パッケージ」です。

数年前からブランドを意識した取り組みを開始。古くから受け継ぐロゴを現代風にマイナーチェンジするなど、さまざまな改革を進めてきました。「有明ごのみ」には社長の似顔絵が使用されており、インパクト大。覚えやすく親しみやすいこのアイデアも四代目の考案です。

また、「『有明ごのみ』のパッケージは、保存にも適しているのでおすすめ」とのこと。冷蔵庫に入れる人も多いかもしれませんが、密閉容器であれば常温で保存して良いそうです。

今回は、伊藤海苔店さんの協力工場でもある中川海苔店さんにもお邪魔してきました。

“目利き”が命の海苔業界とは?

「そもそも海苔屋は、海苔を作っているわけではないんです。生産者ではなく、加工業者。だからこそ、どれだけ吟味し、良い海苔を仕入れられるかにかかっているんです」と四代目は語ります。

海苔業界には、特殊な入札の仕組みがあります。毎年11月から4月にかけて、数回に渡って入札があるのですが、そのどれもが他店がいくらで希望を出しているのか一切知ることができないという珍しい形式なのです。ここで良い海苔を見分けるのが海苔屋の腕の見せ所。この見分ける技術は「目利き」と呼ばれ、代々受け継がれてるそうです。

海苔屋が惚れた有明海苔をご自宅でどうぞ

海苔は、素人目にはその違いを見分けるのは不可能な代物です。試しに異なる種類の海苔を見せていただきましたが…まったく見分けがつきませんでした。

昭和元年に東京・両国で創業した伊藤海苔店は、他の海苔店に海苔を卸す「卸問屋」としてその目利きをかわれ、東京で随一の店となりました。そんな伊藤海苔店が自信をもっておすすめする有明海苔を、ぜひご自宅で味わってみてください。

SHOP DATA

伊藤海苔店(いとうのりてん)
市川本店 〒272-0023 千葉県市川市南八幡2-15-1
築地店   〒104-0015 東京都中央区築地4-14-14